前へ
次へ

賃貸の不動産選びは収納が決め手

バブル期に建てられた賃貸の不動産には、収納が少ないところも多くあります。
住みやすさや便利さよりも、とにかくたくさん建てないと追いつかなかった時代だそうです。
収納がない賃貸は不便だと感じ、選択肢からまず除外する人も多いかもしれません。
しかし、ライフスタイルによっては収納がない不動産物件が合う人もいます。
例えば、短い間しかそこに住まない場合です。
そういう人がいろいろと家財を持ち込んで収納にあれこれしまいこむと、次の引越しが大変になります。
一時的な生活なので身の回りの簡単なものだけで済ませたい、という人にはかえって収納が少ない方が便利です。
それから、ミニマリストのようなライフスタイルの人も収納はたくさん必要としません。
収納が多いより、その分が居住空間になっていた方が広々と開放感があります。
収納が少ない物件は一般的に人気が出にくく、スムーズに入居できたり家賃が安かったりするのもメリットだと言えるでしょう。

Page Top