前へ
次へ

リフォーム済みの賃貸の不動産物件

築40年以上の不動産物件でも、定期的にリフォームされてきれいな賃貸はたくさんあります。
特にユニットバスは経年劣化が目立つためか、きれいに取り替えられている賃貸物件も多いです。
なので不動産を選ぶときに築年数にこだわる意味はあまりありません。
築年数が深い物件はそれなりに家賃も安く、また昔から建っているだけあって立地もいいことが多いです。
また、建てた当初は畳の和室だった物件も、和室だと入居者に敬遠されやすいためフローリングにしているところもあります。
また、押入れだった収納スペースが使いにくさから中段を抜いてリフォームされ、クローゼットになっていることもよくあります。
布団を収納しない現代に合わせてのリフォームでしょう。
エアコンや給湯器なども必要に応じて換えられていますし、古さで不便なこともそうそうありません。
とにかく新しい物件にこだわりたい、という人も多いですが、築年数は参考程度に見れば良いでしょう。

Page Top