前へ
次へ

賃貸の不動産をきれいに保つコツ

賃貸の不動産に入居すると、まず考えるのが「汚したり傷つけたりしないように」ということです。
賃貸不動産は文字通り借り物なので、傷や汚れをつけると場合によっては修復費としてお金を払わなければなりません。
でも、傷つけたり汚したりを恐れすぎるのもたいへんです。
なので、入居してすぐにちょっとした準備をしておきましょう。
まず、キッチンの収納などには汚れや傷の防止シートを敷いておきます。
調味料がこぼれて汚れやサビの原因になることが防げますし、鍋やフライパンをしまうときに傷もつきません。
備え付けの吊り戸棚などがある場合には、そこにもシートを敷いておくと安心です。
リビングの椅子やテーブルもフローリングの傷の原因になるので、前もって脚にフェルトシートを貼っておくといいでしょう。
滑りもよくなりますし、引きずっても傷になりにくいです。
ベッドの足も、掃除のときに動かすので同様にフェルトシートを貼っておくのがおすすめです。

Page Top